またまた人形町の名店です!
壽堂という和菓子屋さんです。人形町の交差点と水天宮を結ぶ商店街の水天宮寄りの角に建っています。創業は明治17年だそうだ。
d0008817_11202424.jpg

そこの名物といえば、黄金芋です。
薄い黄色い紙で飴を包むように上下をねじってあり、その黄色い紙を開けば、ニッキの香りがほのかに香り、かじりたい意欲をそそります。
d0008817_11215126.jpg

d0008817_1122997.jpg

一口大の大きさで、皮の薄さや見た目は芋そっくりなんですが、芋は材料に含まれておりません。黄身餡だそうだ。
d0008817_11234110.jpg
買ったときに包んでくれる紙も昔の壽堂の広告をコピーしたもので食べながら読むのも楽しい。
買いに行くと、包んでもらっている間にお茶を一杯いただけます。このおもてなしが懐かしくいいですねー。名店たる所以がわかる気がします。




黄金芋
170@壽堂-人形町
[PR]
by marcbleu | 2007-03-18 11:33 | gastronomico
<< 初 シャルヴァン! 祝! Jr. 誕生! >>