カテゴリ:gastronomico( 53 )
Lugdunum Buchon Lyonnais 2008
昨年気に入ったブション(食堂)の一つです。神楽坂にあり、ちょっとお世話になったことのあるお店、2度目の訪問です。前回も食したリヨン風サラダを待っていたのですが、プランスはガマンできず、バゲットをかりかり、OJをチェイサーで。前回はまだ小さく、寝ていたのに。
d0008817_23498.jpg

ようやくサラダがやってきました。
d0008817_2353768.jpg
奥さまはフォアグラのパテです。
d0008817_2371067.jpg

d0008817_2395726.jpg
プランスはわたしのサラダからパンのようなものを手に取り、モグモグ。これは後で聞くと、豚の耳やモツが入っているフレンチトーストのようなものでした。やわらかさと程よい塩加減が気に入ったのかな。なかなかツウなものを食すプランスです。


d0008817_2414819.jpg
さて、奥さまのメインはロッシーニです。牛フィレにフォアグラ、黒トリュフ入りの赤ワインソースというオーソドックスですが、贅沢な一品!実際、味わい深く、うまかったー。


d0008817_244916.jpg
わたしはというと、魚からの一品を選択したのでした。エクルビスのクネルです。真ん中に鎮座されますのが画像からではわかりにくいですが、エクルビスです。このクネルという料理はよく冬のメニューででてきたお店がありました。TVドラマで有名になったアメリカ、カリフォルニアのO.C.にあるニューポートビーチという街にあるフランス料理店Pascalです。今もあると思いますが、2年ほどそこでお世話になりました。当時はミシェランがなく、あったのはザガットサーベイでした。もちろん、評価は当時1位です!
いろいろオーナーシェフのパスカル氏から学び、サービスにある細部、ディテールをマダムから学びました。よく怒られた~。そこに冬のイベントであるクリスマス頃から登場したのが、クネルでした。簡単に考えると魚団子なんですが、口に含むとふわっと感。これが好きでした。このふわっと感に濃厚なソースを絡めて、またパンですくって食べるのが好きでした!クネル自体は言うならば、はんぺんが似てますかねー。ただちょっとフランス人が作ると塩っ辛いんですけど、それがまたワインと合う。こゆ~い白ワインか中重の赤ワイン。感慨深い一皿でしたが、この頃からプランスが暴れだし、ゆっくりできなかったのが残念!!



d0008817_3125461.jpg
デザートは青森のリンゴを焼いて、アイスクリーム添え。リンゴの味そのものが大切で、それを活かした味わい。
d0008817_317053.jpg
奥さまはこの日はバースデー!そう、我が家はプランスがまだ小さいため、ディナーに出かけることは難しいのです。それゆえに、ランチです。プランスは半ばからご機嫌斜めになりましたが、食事はサイコーでした。ごちそうさま。
最後に北平さん、お疲れ様でした。新天地にも頃合いを見てお伺いしますぜ!
[PR]
by marcbleu | 2009-01-08 03:30 | gastronomico
Hello ! 2009 !!
明けましておめでとうございます。
さきほど、2008のヌーボーを書き始めたところです。1ヵ月半以上まえを追っかけております。追いつくかなぁ~~。

さて、本命のマルセル・ラピエールを開けた時のことを書き連ねます。
d0008817_1101666.jpg
毎年同じラベル。ただ、数字だけが違うんです。もちろん、中身も違います。今年で5年連続で試飲中~。連続試飲記録更新中でもあります。一度飲み比べると病み付きになります。このコクというか濃さは??今までのヌーヴォーはなんだったんだろ?と思わせてくれる、もうすばらし~い赤ワインです!
d0008817_1141348.jpg
ミディアムボディのビオワインです。


さ~!

このワインに合わせるのはもちろん、赤ワインに合う、ニクニクしいソースに絡めたパスタです!ロングではなく、チューブです。それもこれまた、名門の造り手です。ナポリからやってきたファエッラのパッケリ!セモリナがうまいんです!うまいんーです!!
d0008817_1183934.jpg
d0008817_1193335.jpg
見よ!
この家で作成した丸わかりの素朴感にゴツゴツ肉味にトマトソースがからんだ大き目のパッケリ。チューブの中に肉やソースが入って、アツアツでうまいんです!そこへラピエールのしっかりコクのあるワインを流し込む。もう、ペルフェクトなマリダッヘです!!



Beaujolais Nouveau by Marcel Lapierre
¥3360@銀座屋酒店
[PR]
by marcbleu | 2009-01-02 01:26 | gastronomico
ガストロノミックなプリン~
上司がこんなの販売されてるぞ!と新聞の切抜きを見せてくれてから、機会があるたびにスーパーで探してみたけどなかなか見つからなかった一品です。
Queen's Isetanで売ってました。
d0008817_0475333.jpg
d0008817_048288.jpg
スーパーで売っているプリンなのに、¥310もするのだ。味はもちろんまずいわけがない!それはロビュションだから?いえいえ。310円も出したらそうそうまずいもんは作れないだろう!という結論です。プリン好き?やスイーツ好きなら一度は食べてみる価値あります。このレベルは高いですぜ。実現するまでに5年もかかっているんですから。
ご賞味あれ!!


¥310@Queen's Isetan in 錦糸町
[PR]
by marcbleu | 2008-12-28 00:51 | gastronomico
Pre-Anniversary
ついに行ってきました!
マイサンのビストロデビューをLugdunum Bouchon Lyonnaisで行いました。
お店は神楽坂にあり、毘沙門天のお向かいの本多横丁にあります。
デビューなのに、プランスはお休み中です。
d0008817_2303660.jpg
そこで、ゆっくりフレンチのランチ。デジュネ。久しぶりすぎて、長居しちゃいました。リヨン出身のオーナー、ポコさんがソフィテル東京の総料理長を務めた後、独立しオープンしたお店。

d0008817_232859.jpg
食べたかったリヨン風サラダ。たっぷりのレタスにポーチドエッグ、厚めの細切れベーコンがたまりません!たまごをフォークで崩してソースのようにからめて食べます。黄身がとろりと他の具にからみます。
d0008817_2483644.jpg
奥さんが選んだのは仔牛とフォアグラのテリーヌ。仔牛の肉味にフォアグラのねっとり感が、いいつなぎになっていて、うまい!
d0008817_2513963.jpg
お待ちかねのオニオングラタンスープ!わたしの分はサービスで頂きました。古典的なブションなのに、非常にエレガントなタマネギの味わいでした。すばらしー!
d0008817_2534123.jpg
ジャーン!キャナールです!ちょっと赤すぎるかな?とは思ったけど、お味は○でした!
d0008817_2545317.jpg
奥さんが選んだメインはスズキのポワレ。皮目がかりっと仕上がっていて、これまた美味!
d0008817_311190.jpg

デセールかと思いきや、フロマージュ。これはフレッシュタイプのフロマージュにシブレットを混ぜて、オリーブオイルのトッピング。バゲットに塗り塗りして、ワインが進む~♪
そして、クレームブリュレにマチェドニアかな。
d0008817_325976.jpg
d0008817_332666.jpg

プランスがようやく起きました。最初は、ここはどこ?と思っていたのも、つかの間。いつもの様子見から始まり、最後は人の邪魔をします。
d0008817_311221.jpg
起きて、元気になったプランスは
d0008817_316576.jpg
僕はワインが欲しいんだなんて・・・男前だ。

[PR]
by marcbleu | 2008-03-06 03:19 | gastronomico
Amour du Chocolat !
もう2月も終わりますが、今月の初めの頃に日本橋の高島屋へ行きました。
目当てはヴァレンタインデー用のチョコレート。
d0008817_0211129.jpg


催し階上でイベントがあり、見てみると。知らないショコラティエがたくさん。その中のひとつ、Michel Belinを買ってみました。奥さんからもらう予定のものは昨年と同じ、パスカル・カフェとマダム・ルロワの合作と決まっているので、珍しいものを、試しに。
d0008817_0213979.jpg
日本初輸入だそうで。でも、高い。2個入りで¥1000弱。う~ん、いいのか、こんな金額で!でも、買う人いるからなぁー。4個入りは完売してました。
食べると確かに、うまい!美味!!チョコの味わいがぎゅっと一粒に込められています。ワインがすすむ・・・
[PR]
by marcbleu | 2008-02-26 00:32 | gastronomico
昨日に引き続き、Michelin Tokyo 2008
今日が公式発売日である。
しかししかし、読めば読むほど、ページをめくればめくるほど意味不明?納得いかない
ところが多い!
まず、二つと三つの違いがわからん。
そして、ピクトグラムではブドウが書いてあり、本文にもワインのセレクションが良い・・・とか熟練したソムリエが・・・とか記載しているお店もあれば、ブドウのピクトグラムはあれど、本文ではワインに全く触れず。かといって余白がないわけでもない。
編集者達の気まぐれで書く、書かないなのか。それにしてはちょっと不十分かなー。権威あるガイドブックなら手を抜かないで欲しい。一冊全体を通すとそれもいいかも?だけど、個々のお店のオーナー達は省略されたらたまったもんじゃないし、書かない=書くに値しないなら、書く=書くに値するに徹して欲しい。
というのも伺ったことのあるお店で書くに値しないお店があったからである。在庫本数は多けれど、面白みの無いワインを取り揃えて品揃えがよろしいーなどとはおかしな話である。
再び書きますが、写真よりもっと掲載して欲しいお店がいっぱいあるのに。中高級店より、B級グルメに近い、コスパのすばらしいお店なども網羅して欲しいなー。

あくまでも読者目線です。これがお店を持つオーナーなら☆が一つでもあるかないか、多いか少ないかで、すごいことになるんでしょうけど。
知らないお店が掲載されていて、「お?すげー!どこだよ、ココ!」って読むより、やはり世界基準だと、あのお店、このお店はこういう評価なんだと。
その点を評価する話題本なんだろうか。

星の数だと東京はNYやLA、他の都市に比べてもフランスという国全土に追いつける評価を受けている。それは素晴らしいことだと思う。思うけど、、、日本をマーケットと捉えられている臭いがフムフム???とするのが気に入らない。
記念すべき1冊を手にしたのはいいけれど、このもやもや、フムフムを持ちつつ、また忘れずに、来年以降も買い続けていくでしょう。
いつか本棚にぼろぼろになったギッド・ルージュ達を孫に説明する頃には、内容も納得いくギッド・ルージュになっていることを望みながら・・・。


追伸
LAで昔一緒に働いたことのあるmori sushiのもーりさん!
☆おめでとう。自分のことのように喜んでいます。
[PR]
by marcbleu | 2007-11-22 12:43 | gastronomico
我が家にもやってきた!
ついにミシュラン2008東京版がきました!

(久しぶりに書いたと思うと、こんなニュースですみません)
明日の発売の確認に近くの本屋さんに伺うとすでに在庫されており、第一番として売っていただきました。
残念なのは写真でごまかされており、星に満たないお店の掲載がないことです。東京もそうですが、星に満たないすばらしいお店が数あるのに・・・次号にはビブ・グルマンのピクトグラムのお店を掲載して欲しいなぁー。
なぁ?みなさん!そう、あの森下のお店ですよ!!


d0008817_2036485.jpg


d0008817_2037776.jpg

昔に勤めた・・・お店も、もちろん掲載!

[PR]
by marcbleu | 2007-11-21 20:41 | gastronomico
イタリアン・デビュー!!
生後2ヶ月でカフェデビューから早や4ヶ月。人形町にあるマイサンと1日違いでオープンしたイタリアンへデビューです!渡伊後はGナダのお店に勤めていたこともあるという
オーナーシェフのお店です。ラ・フェニーチェ。不死鳥という意味です。ランチにお邪魔しました。
d0008817_1328071.jpg
僕のバックは店内で、キッチンカウンターが奥に見えるでしょ?


d0008817_13314980.jpg
さて、お料理ですが、まずはアミューズ。イタリアンなヴィシソワーズ!真夏には見た目も涼しく、お口の中にも涼しくておいし~い、コレ!


続いて前菜。
d0008817_13374089.jpg
冷菜ですね。スペックハムとシェフの実家がある青森から送られてくるトマトにブーファラモッツアレラ。甘味のある青森のトマトにブーファラの濃厚さがよく合います!

d0008817_1421417.jpg
次はリクエストで前回訪れた時に美味しかったものを再度。この小さいココットの中にはフォアグラのムース。その上にマスカルポーネを温めて流し込んであります。フォアグラの濃厚さとチーズの香りと温かみが口の中で溶け合う、非常に上品でおいし~い、小さな一品です。スプーンですくうとすぐ無くなっちゃう物足らなさがちょうど良い!


そして、パスタ。
d0008817_146673.jpg
パスタは少し和風でした。気を使っていただいたのでしょう。でも、正直もっとイタリアンしてるほうが嬉しかったな~~。ボンゴレビアンコに水菜をのせ、味わいもかすかに醤油っぽい味わい。スライスしたカラスミがねっとりしていて、あっさりパスタにこれまたいいアクセント!


妻のメインは、イサキ。
d0008817_1411149.jpg
ガルニの野菜もシェフの田舎から。イサキは皮目がパリッとしていていいですね。ハーブマスタードソースが味を引き締めます。

プラチナポーク
d0008817_14152353.jpg
わたしのメインは白金豚です。食べ応えありました。バルサミコの酸味がいいアクセント。



僕のコメント
d0008817_14174861.jpg
、kあdぁzc、c czxvb・mm、、、0¥lk5tfbp。
(右手で書きました。文字化けではありません。)

[PR]
by marcbleu | 2007-09-30 14:21 | gastronomico
コロッケパン in 東銀座
創業昭和2年の肉屋さん経営のコロッケ屋さん。
メニューにはコロッケを始め、メンチカツ、カツ、ハムカツと定番の揚げ物。
さらに、コロッケをコッペパンに挟んでくれる、いわゆるコロッケパンが人気らしい。
仕事の途中に立ち寄ってみました。というのも平日しか営業していないんです。メンチカツパンもメニューにあったので、そっちも欲しいな~と思っていたら、残念ながら売り切れ。フツーにコロッケパンだけを購入。
d0008817_957598.jpg
包みもレトロなんだが、イマドキにお洒落に見えるから不思議だ。
d0008817_9584463.jpg
中身はこんな感じ。パンとコロッケしか入っていないんだけど、ソースが最高にいい味を出しているんです!マスタードも効いていて、まずいコッペパンがうまいパンへ変身!
非常に味わいに歴史を感じ、感心する味でした。わざわざ無い仕事を作ってでも近所に寄りたい、そして買って帰りたいと思わせます。ごちそうさま~


コロッケパン
¥220@チョウシ屋
東銀座
[PR]
by marcbleu | 2007-06-17 10:07 | gastronomico
Cinco de Mayo~~!
先週の子供の日に、近くの水天宮へお伺いしてきました。
d0008817_1565088.jpg
なかなか子供の日だけにたくさんの人です。そして、お宮さんでは子供のお披露目が行われてました。
d0008817_1593937.jpg

d0008817_20955.jpg
帰りには壽堂

もちろん買うのは柏餅。見本があって、三種類の柏餅と他の砂糖菓子を見せてくれました。お茶もいただきました。(黄金芋も欲しかったなぁ~)
d0008817_245116.jpg

d0008817_25168.jpg
購入した柏餅

ヨモギもちとつぶアン入り、もう一つがみそ味でした。正直、三番目は~ちょっと・・・
さらに、同じ人形町は甘酒横丁にある関山のちらしすしと柚子いなり。
d0008817_275540.jpg
あられちらし
d0008817_2877.jpg
柚子いなり

我が家のマイサンにとっての初節句でした!無事に大きくなって欲しいですね。
[PR]
by marcbleu | 2007-05-12 02:13 | gastronomico