四恩醸造のその後 in 2009
d0008817_1234878.jpg
d0008817_124688.jpg

色は濃いオレンジ。甘い香り、ちょっとだけ還元香があります。酸は軽く、味わいはみかんではなく、オレンジ。黄色いさくらんぼ。おいしーですねー
d0008817_129171.jpg
変な甲州ワイン。うまいですねーーー橙は初見参です。


d0008817_1353164.jpg
これは、瑞雲、ロゼ。
d0008817_1364646.jpg
d0008817_1365557.jpg
d0008817_1371256.jpg
d0008817_1371960.jpg
巨峰で造られた甘口ワイン。でも、心も身体も癒される美味いワイン。ずーーーっと飲んでいられます。やはり、甘いもの好きだから???美味きゃー止められませんよ。



四恩醸造。
まだまだ、目が離せません。
気をつけて今後も販売を確認しつつ、応援していきます!
[PR]
# by marcbleu | 2009-03-04 01:51 | oenophile
Rayos Uva, カミナリブドウ?
オリヴィエ・リビエールという人のワインです。リオハで造られたテンプラとガルナッチャのミックス。
d0008817_191390.jpg
シャープなエチケットです。温かくあま~いガルナッチャにちょっとクールなテンプラニーリョがいい味だしてます。タンニンもしっかりあって、今飲み~ちょい寝かせでも良いかも。がぶっとは無理だけど、ゆっくり味わいながら、食事しながらがいいでしょー。
[PR]
# by marcbleu | 2009-02-05 01:12 | oenophile
新商品です!
A peak for a new product. この春に発売される麒麟の新商品です。
d0008817_2173258.jpg
パッと見はわかりませんが、よーく見てもらうとわかります。(ちょっと画像がよれちゃってるけど)新しい一番絞りは麦芽100%!つまり、サントリーが丁寧に仕込んだ麦芽100%のモルツをキリンが上澄みの一番絞りを取って仕込んだ。そんなビールです。従来の一番絞りのようにフレッシュで爽やかなのに、モルツのようにしっかりとした味。おいしい。
もっと飲みたいのに、1本しかなかったんですよねーーー残念。
[PR]
# by marcbleu | 2009-01-24 02:27 | oenophile
ガメイ100%の泡
d0008817_1411799.jpg
ガメイ種を得意とするボジョレーから泡物がやってきました。
アルコールも7%とひじょーに軽く、ちょいぶどうの糖分を感じるほっとする味わい。泡感は強いのですが、やさしさも持ち合わしている感じですねー
d0008817_1432126.jpg
ちょっと濃いピンクでおいしそーでしょ?ガメイが魅力的な色を出しております。お正月を祝うにはいい感じでした。



GAMAY LEON
¥1800@銀座屋酒店 as always.
[PR]
# by marcbleu | 2009-01-18 01:45 | oenophile
New Release!! 四恩醸造
甲州種です。でも、色が変なんです。
d0008817_262073.jpg
キレイな橙です。味もなかなかやさしーくてうまいです。甲州種というのをここまで柔らかくやさしく造られるとなつかしーい味にほっこりします。こんな味にワインを造る四恩さんはすごいな~~~!

というわけで、なぜだか近所で有名なバーガーショップからデリバリーを頼みました。バンズがカリッと鉄板であぶってあって、うまいのよね~~~。これも懐かしい味わいです。
チーズがトロリ。横にボトルが見えますね。
d0008817_2111232.jpg




さて、変と言えばモンプランス!彼のポテポテ好きもママ似なのか。このうれしそーな顔を見せられると、ガマンできず父上もイチコロです。
d0008817_2161436.jpg
恥ずかしながら彼の背後に見えるのはトーマスの乗り物や彼が食事にジョインする前のおもちゃの残骸です。トーマス好きはますます激しくなる今日この頃です。


ローズ 2008 橙
¥1360@四恩醸造
[PR]
# by marcbleu | 2009-01-16 02:19 | oenophile
お詫びにアワビ
ついに始まりました、あの有名漫画のTV版! 神の雫~。我が家には17巻までしかないけど。
さっき録画しておいたのを見ました。相変わらず怪演と思わせるけど、何気ない変質ぶりをだしているワキを固める竹中直人がおもしろい。
まぁ、来週も録画する予定となっておりますけどもー、、、定説どおり、原作を越えれない。ただ、ドラマでワインがテーマになっていて、しょっちゅうワインが画面に出てくるのは嬉しいし、たのしい。いい気分。残念ながら飲みたい気分まではさせてもらえないけど、いい感じ。ボトルが画面に出てくるのは楽しいけども。
むかし、稲垣君にもがっかりさせられたけど今回も変わらない感じだなー。役者に問題があるのではなく、政治的な問題が一番でしょうか。仕方ないのだろうか。

身内で話しているとおり、ヨン様の出来が気になる。逆輸入される今年の秋頃に期待大!ですな。おば様たちを中心にワイン業界が活性化すればうれしいねー。なにわともあれ、いい傾向になればと思います。でも、ストーリーに出てくるワインだけが人気出ちゃうと困る~~~~。
[PR]
# by marcbleu | 2009-01-14 02:35 | profile
Lugdunum Buchon Lyonnais 2008
昨年気に入ったブション(食堂)の一つです。神楽坂にあり、ちょっとお世話になったことのあるお店、2度目の訪問です。前回も食したリヨン風サラダを待っていたのですが、プランスはガマンできず、バゲットをかりかり、OJをチェイサーで。前回はまだ小さく、寝ていたのに。
d0008817_23498.jpg

ようやくサラダがやってきました。
d0008817_2353768.jpg
奥さまはフォアグラのパテです。
d0008817_2371067.jpg

d0008817_2395726.jpg
プランスはわたしのサラダからパンのようなものを手に取り、モグモグ。これは後で聞くと、豚の耳やモツが入っているフレンチトーストのようなものでした。やわらかさと程よい塩加減が気に入ったのかな。なかなかツウなものを食すプランスです。


d0008817_2414819.jpg
さて、奥さまのメインはロッシーニです。牛フィレにフォアグラ、黒トリュフ入りの赤ワインソースというオーソドックスですが、贅沢な一品!実際、味わい深く、うまかったー。


d0008817_244916.jpg
わたしはというと、魚からの一品を選択したのでした。エクルビスのクネルです。真ん中に鎮座されますのが画像からではわかりにくいですが、エクルビスです。このクネルという料理はよく冬のメニューででてきたお店がありました。TVドラマで有名になったアメリカ、カリフォルニアのO.C.にあるニューポートビーチという街にあるフランス料理店Pascalです。今もあると思いますが、2年ほどそこでお世話になりました。当時はミシェランがなく、あったのはザガットサーベイでした。もちろん、評価は当時1位です!
いろいろオーナーシェフのパスカル氏から学び、サービスにある細部、ディテールをマダムから学びました。よく怒られた~。そこに冬のイベントであるクリスマス頃から登場したのが、クネルでした。簡単に考えると魚団子なんですが、口に含むとふわっと感。これが好きでした。このふわっと感に濃厚なソースを絡めて、またパンですくって食べるのが好きでした!クネル自体は言うならば、はんぺんが似てますかねー。ただちょっとフランス人が作ると塩っ辛いんですけど、それがまたワインと合う。こゆ~い白ワインか中重の赤ワイン。感慨深い一皿でしたが、この頃からプランスが暴れだし、ゆっくりできなかったのが残念!!



d0008817_3125461.jpg
デザートは青森のリンゴを焼いて、アイスクリーム添え。リンゴの味そのものが大切で、それを活かした味わい。
d0008817_317053.jpg
奥さまはこの日はバースデー!そう、我が家はプランスがまだ小さいため、ディナーに出かけることは難しいのです。それゆえに、ランチです。プランスは半ばからご機嫌斜めになりましたが、食事はサイコーでした。ごちそうさま。
最後に北平さん、お疲れ様でした。新天地にも頃合いを見てお伺いしますぜ!
[PR]
# by marcbleu | 2009-01-08 03:30 | gastronomico